《新刊》『手を伸ばしたら、つばさ』【アニメイト限定セット8P小冊子付き】(山田ノノノ)レビュー!

タトゥーも神々しいクールビューティな執着攻めにゾクゾク!

《解説》
旋風を巻き起こしたDom/SubユニバースBLの『跪いて愛を問う』や『一目惚れした人がドMだったもので』の山田ノノノ先生の新刊BL(ボーイズラブ)コミックス『手を伸ばしたら、つばさ』。純粋でまっすぐな理系大学生の力良(ちから)と、トラウマを持ち心に闇を抱える優秀な編入生の里美が描かれます。

《感想》
イラストの美麗な山田ノノノ先生ですが、この『手を伸ばしたら、つばさ』も美しいです! 頭も顔も偏差値高い里美の近寄りがたいほどのクールビューティさ感じられます。バサバサのまつ毛も陰りがあっていいですね。そして、タトゥーがこれまた神々しいくらい綺麗です。


ピュアな力良は表情豊かでかわいいです。里美にいいように翻弄されているようすがエロかわいくて色っぽいですね。里美の執着攻めな姿もゾクゾクさせられてセクシーです。
後半になるにしたがって、里美の過去が少しずつ明かされていき、胸を締め付けられます。筆者は不憫攻めに弱くて。そして、男気ある受けも好きです。救済と再生の物語に、安堵と希望で心が満たされました。


山田ノノノ先生の新刊BL『手を伸ばしたら、つばさ』。理系男子や執着攻めが好きな方もぜひ読んでみてくださいね。

《あらすじ》
大学生の力良は子供のころからの夢のために、空を飛べる鳥ロボットの研究に勤しんでいます。ある晩、頭も顔も完璧な編入性・里美の調査を女子に頼まれて里美の部屋を覗き見した力良は、里美の背中に美しい鳥のタトゥーがあることを目撃してしまいます。そのことを知った里美は力良に近づいてきて、2人の距離は急速に近づくことに。しかし、里美には力良の知らない一面があって……。

(文/松川水七見)

※〈コメント注意事項〉個人を特定する情報、また誹謗中傷や他人に不快感を与える投稿はお控えください。ことわりなく削除する場合があります。

松川 水七見

まつかわ・みなみ BLならなんでも好きな猛者です!甘々から闇系まで美味しくいただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。