ドラマ『セマンティックエラー』レビュー!

ツンツンな陰キャと俺様な学園スターの恋の行方は!?

《解説》
話題の韓国BLドラマ『セマンティックエラー』を見たライターのレビューをお届けします!
『セマンティックエラー』は2018年に韓国の電⼦書籍プラットフォーム「RIDIBOOKS」のBL小説部⾨で⼤賞を受賞し、韓国国内でウェブ漫画、アニメなどが製作された超⼈気コンテンツで、WATCHA オリジナルドラマとして製作された本作も注⽬を集めています。


主演を務めるのは、演技・歌・ダンスもこなすマルチな才能の持ち主パク・ソハムさんと、「DONGKIZ」で活動するパク・ジェチャンさんの美形アイドルコンビ。パク・ソハムはモデルのような容姿で男⼥を問わず⼈気が⾼いデザイン科のスター、チャン・ジェヨンを演じます。パク・ジェチャンは⼤学⾸席の秀才にも関わらず、融通が効かない原理主義者で周りからは変わり者と呼ばれる⼯学部の陰キャ、チュ・サンウを演じています。

《感想》
陰キャのサンウは無口で人との間に壁を作っているようなキャラクター。四角四面なほど真面目で、授業をさぼっている生徒を平気で糾弾して、みんなを引かせてしまうほど。こういう空気読めないキャラって、見てるほうを煽ってきますよね! 「なんなの!コイツ!」って思えば、それはもう思うツボ。気になって見ちゃうんですよね。
それに、こういうツンツンなキャラクターがどういうふうに恋に落ちていくのか、恋した彼がどういうふうにデレを見せてくれるのか、とっても知りたくなってついつい先を先をと見ちゃいます。


しかも、演じているのは超美形の「DONGKIZ」で活動するパク・ジェチャンさん! さすが色が白くて透き通るような美肌だし、イケメンというか美しいです! 陰キャの制服かのようにチェックシャツにキャップを目深に被ってますが、他の似た服装のキャストに紛れずに光輝いています。目深に被った帽子のつばから見える目元も涼しくてドキッとしちゃいます。天然魔性な雰囲気を感じちゃいます。


対するジェヨンはリア充っぽく、コミュ力高くて男女ともに人気が高い学園スター。卒業取り消しになってしまった彼はサンウにぐいぐいと近づいていきます。変わり者とされてるサンウに物怖じせず、いい意味で空気読まない、ちょっと俺様な感じがいいです。扮するパク・ソハムさんもこれまたイケメンですが、上からな俺様でありつつ、サンウに振り回されているところにニヤニヤしちゃいます。


正反対な性格で出会いからして不穏な関係の彼らが、どのように恋に落ちていくのでしょうか? エラーのようなドキドキの恋から目が離せません! 
韓国BLドラマ『セマンティックエラー』、ファンの方、韓国BLやアジアドラマ好きな方も、ぜひ見てみてくださいね!

【美形コンビの2人の写真をもっと見たい方!】 →こちら

《あらすじ》
モデルのような容姿でデザイン科のスターのチャン・ジェヨン(パク・ソハム)と、真面目すぎて周りから変わり者と呼ばれる⼯学部のチュ・サンウ(パク・ジェチャン)。⽂法的には正しいものの意味の違いや⽭盾した誤りによって⽣じる“セマンティックエラー”のように正反対の2人が徐々に惹かれ合うキャンパスロマンスの⾏⽅とは……?

▼WATCHAオリジナルドラマ『セマンティックエラー』視聴リンク:https://watcha.onelink.me/MjBm/881be5e1

(文/牧島史佳)

※〈コメント注意事項〉個人を特定する情報、また誹謗中傷や他人に不快感を与える投稿はお控えください。ことわりなく削除する場合があります。

牧島史佳

BLに生かされてます!ハピエン好きだけど、作品が良ければメリバも読む(かもしれない)です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。