【新刊】『さよなら、ナナシのバイオリン』(うめーち)レビュー!

バイオリンと音大生のBL!?演奏シーンは鳥肌モノ!


《解説》
「超大物新鋭作家 初BLコミックス!!」と帯に煽り文句のある、うめーち先生の新刊のボーイズラブコミック『さよなら、ナナシのバイオリン』。なんと! バイオリンとバイオリン奏者の音大生のBL! そうです、ファンタジーです。人型になるバイオリンは純真無垢でちょっと切ない過去持ちで、音大生もちょっと切ない過去持ちです。そんな2人(?)が距離を近づけていくファンタジー音楽BLです。


《感想》
いや~、すごいです! すごいものを見てしまいました! 「超大物新鋭作家」の名にふさわしい、すごい世界観と画力というか表現力です。圧倒されました!


物に名前をつけると“名持ち”として命が宿り、意思を持った生物になる世界が舞台のファンタジーです。音大生の奏介は過去のトラウマから“名持ち”を避けて“ナナシ”、つまり生物に変身しない通常の楽器を好んでいます。


でも、楽器店で出会った店員が実は、「名前を忘れてしまった“名持ち”のバイオリン」で、自分を買って欲しいと言うので、奏介は買うことに。ただ、「名前を忘れてしまった“名持ち”のバイオリン」はいずれ、“ナナシ”になってただのバイオリンになってしまうと言うのです。


そんなぁ! 切なくないですか? 胸がギュンッてなります。
とってもシリアスなんだろうなぁと思われるかもしれませんが、これが笑いがあって、ギャグっぽい絵も登場します。そもそも店頭で筆者がコミックスを手に取ったところ、音楽BL?え?ファンタジーなの?シリアスなのかな……え?なにこの絵!? と帯にあるイラストに驚きました! バイオリンにキュルン!とした目が描かれたイラストが! この表紙でこの内容でこの絵って……!? と気になって気になって購入に至りました。

シリアスななかに笑いもあってとっても個性的な作風で、魅了されました。
そして、なんといっても前述した表現力がずば抜けています! 

(次のページへ →2

※〈コメント注意事項〉個人を特定する情報、また誹謗中傷や他人に不快感を与える投稿はお控えください。ことわりなく削除する場合があります。

牧島史佳

BLに生かされてます!ハピエン好きだけど、作品が良ければメリバも読む(かもしれない)です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。