TVアニメ『薔薇王の葬列』(菅野文)レビュー!

両性具有者として主人公リチャードを描く、運命のダーク・ファンタジー!


《解説》
「月刊プリンセス」で連載している菅野文先生が描く『薔薇王の葬列』のTVアニメ化。ウィリアム・シェイクスピアの史劇『リチャード三世』を原案とした運命のダーク・ファンタジーとなっています。連続2クール放送される予定です。


キャストはリチャード役は斎賀みつきさん、ヘンリー役は緑川光さん、ヨーク公爵リチャード役は速水奨さん、エドワード役は鳥海浩輔さん、ジョージ役は内匠靖明さん、ウォリック伯爵役は三上哲さん、ケイツビー役は日野聡さん、マーガレット王妃役は大原さやかさん、エドワード王太子役は天﨑滉平さんと豪華です。


《感想》
菅野文先生が手がける原作コミック『薔薇王の葬列』はBL(ボーイズラブ)ではありませんが、主人公リチャードが両性具有者(オッドアイでもあります)として描かれていて、ヘンリーとの恋愛関係が気になっちゃうので見ることにしました。
シェイクスピア史劇らしく登場人物が多くて同じ名前の登場人物がいたりして、やや複雑。関係性も愛憎が激しくてドロドロしている雰囲気が漂ってます。相関図とにらめっこしながら気を抜かずに見ました。


リチャードは父・ヨーク公爵リチャードのことは深く敬愛していて、父親の望むような息子になろうと努力していて健気。母親には忌み嫌われていて、不憫です。「男装の罪」で火刑に処されたジャンヌダルクがたびたび幻覚のようにリチャードの前に現れて、彼を惑わします。


そんな苦悶の日々のなか、リチャードは森の中で羊飼いと名乗る不思議な少年、ヘンリーと出会うのです。不遇を嘆くリチャードに涙まで流すヘンリー。美形で心までピュアで、こちらまで心洗われるよう。ドロドロした雰囲気の作品なので、リチャードとヘンリーのシーンにうるうるしちゃいました。


でも、リチャードの“秘密”が敵に知られてしまったようで……。なかなか、濃い内容だったと思います。次回の展開も気になります!


《あらすじ》
中世イングランド、白薔薇のヨークと赤薔薇のランカスターの両家が王位を奪い合う薔薇戦争時代が物語の舞台。
ヨーク家の三男・リチャードには身体に〈ある秘密〉を抱えていました。己を呪うヨーク家の三男リチャードはある日、羊飼いの男・ヘンリーと出会います。運命的な出会いを重ねるなか、リチャードは自然と彼に惹かれていきます。
しかし、闇と光の2人は知りませんでした。互いが敵同士であるということを……。

(文/牧島史佳)

※〈コメント注意事項〉個人を特定する情報、また誹謗中傷や他人に不快感を与える投稿はお控えください。ことわりなく削除する場合があります。

牧島史佳

BLに生かされてます!ハピエン好きだけど、作品が良ければメリバも読む(かもしれない)です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。