ドラマ『ギヴン』主演の鈴木仁、さなり、井之脇海、栁俊太郎による完成発表会開催!「立ってする?」キス談義も!

キヅナツキ先生の『ギヴン』のドラマ化が完成!7月17日配信開始

フジテレビが運営する動画配信サービスFODにて2021年7月17日0時から配信予定のドラマ『ギヴン』の完成発表会が本日、7月4日に行われました。

キヅナツキ先生原作の“ぐさり”と心に刺さる切ないバンド青春BL『ギヴン』。4人のロックバンド・the seasonsのメンバーたちを中心に、彼らの恋愛や成長していく姿を繊細に描き、新書館の「シェリプラス」にて2013年ハル号から連載されている超人気作です。


キレイな絵柄でそれぞれのキャラクターの心情描写が丁寧に描かれていて、どのキャラクターにも共感させられてしまうんですよね。大きなトラウマも抱えていたり、わかっていながらお互いを傷つけあったり、見ていて胸がギュンとなってしまいます。

このバンド青春BLがフジテレビが運営する動画配信サービスFODで実写ドラマ『ギヴン』として制作、配信されます。7月17日からの配信スタートを控え、主演の鈴木仁さん、同じバンドメンバーを演じる、さなりさん、井之脇海さん、栁俊太郎さんのメインキャスト4名が完成発表会に出席。そのようすのレポートが到着しました。

最初に、司会の立本信吾(フジテレビアナウンサー)さんから「この作品への出演が決まってどんな気持ちでしたか?」と聞かれ、主演で立夏役の鈴木仁さんは、「今回初めての単独主演ということで緊張もありましたし、喜びもありました。でもこのバンドがメインであることは変わりないので、まずは4人でひとつのグループを作っていきながら、この作品をよりよく盛り上げていけるように作っていければなと思いました。撮影中も楽しくて、皆でバンドの練習もして、良いものができたんじゃないかなと思っています」と話しました。

真冬役のさなりさんは「ドラマとか、俳優とか演じるのが初めて。何もわからなかったので大丈夫かな、と最初は不安が大きかったんですけど、現場の方々に支えてもらって楽しく撮影できたな、って思いました。全く素ではないですけど、真冬に共通している部分はあるので意識しながら演じました」。


秋彦役の井之脇海さんは、「友だちに男性が好きな男性がいて、2020年のステイホーム中に何を見たらいいかな?と話していたら『ギヴン見たらいいよ』と勧められて、原作もアニメも知っていたので今回お話をいただいて、すごく縁を感じて驚きました。まさか自分が秋彦役をやるとは驚きと不安を感じたのですが、このキャスト3人と一緒にやると聞いて、このメンバーとならいい青春感を出せるんじゃないかなと思いました」。

春樹役の栁俊太郎さんは、「あまり見てる人がキュンキュンするような役ってやったことがなくて、今回やっと来たなと思ったら相手が海くん、っていう(笑)。でも違う形ですけど出演できて嬉しかったです」と話しました。
また、原作やアニメのファンからTwitterで「#ギヴンのここが好き」を募集し、多数寄せられた回答を集計してランキング形式で発表、それを元にまだ公開されていないドラマ本編映像やメイキング映像を見ながらキャスト4人でクロストークを展開しました。

次のページではキス談義も!ぜひチェックしてくださいね!

(次のページへ →2

松川 水七見

まつかわ・みなみ BLならなんでも好きな猛者です!甘々から闇系まで美味しくいただけます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。