売り上げ1位はあの芸能界BL! 2021年の動向を「honto」BL担当が総括!

メディア化されたBL作品が牽引!

ハイブリッド型総合書店「honto」よりBL担当者さんによる 、2021年のBL(ボーイズラブ)電子書籍コミック売上ランキングから見るBL動向の総括が到着しました。売上1位は筆者としては意外な結果に…!?
まずはBL担当者さんによる2021年BL総括から見ていきましょう。

●honto BL担当者さんによる2021年BL総括
「2021年は、BLがこれまで以上に市民権を得た1年でした。
新聞やテレビでもBLの話題が取り上げられ、メディア化される作品も増えたことで、BLファンだけでなく一般の目に触れる機会も増えたように感じます。
honto電子書籍ストアでもBLジャンルの売上は前年比で114%と伸長した結果となりました。

特に売上を牽引しているBLコミックのランキングを見てみると、第2位『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』(チェリまほ)、第3位『抱かれたい男1位に脅されています。』、第6位『囀る鳥は羽ばたかない』など、メディア化された作品が目立ちます。特に年代の月次利用者では、24歳以下で前年比140%、50歳以上で123%と伸長しました。
メディア化でキャスティングされた若手俳優(例えば、チェリまほの赤楚衛二さんや町田啓太さんなど)の人気も牽引していると思われ、幅広い年代でBLが読まれた傾向がありました。


その人気は国内作品に留まらず、タイドラマ『2gether』や中国の時代劇ドラマ『陳情令』などが火付け役となり、海外BLも日本で大きな話題となりました。映像作品からBLに出会い、原作をはじめとした関連作品に興味をもった人も多いかもしれません。
特に『陳情令』は、ドラマが日本で地上波放送されたことをきっかけに、関連書籍の人気が急上昇しました。『「陳情令」公式写真集』はhonto本の通販ストアの2021年間ランキングの総合ジャンルで第2位と第4位を獲得し、原作小説『魔道祖師』も同ランキング「BL小説」ジャンルで第1位を獲得、10位以内に全4巻すべてがランクインする結果となっています。

(次のページへ →2

※〈コメント注意事項〉個人を特定する情報、また誹謗中傷や他人に不快感を与える投稿はお控えください。ことわりなく削除する場合があります。

松川 水七見

まつかわ・みなみ BLならなんでも好きな猛者です!甘々から闇系まで美味しくいただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。