2021年振り返り!おすすめBLはコレ!〈3〉《オメガバース部門》

エロだけじゃない奥深さがあるオメガバース3選!

《エロ部門》《初コミックス部門》を紹介してきた、2021年おすすめBL。去年刊行されたたくさんのBLのなかから、当サイト【ブルヌー(ブルー ルヌーラ)】スタッフとライターが独断で選んだ、読んで欲しいBLを紹介します! 今回は《オメガバース部門》です。BLのいちジャンルとしてすっかり定着したオメガバース。昔はニッチなBLのなかのさらにニッチなジャンルという感じでしたが、今ではBLの人気ジャンルでもありますよね。2021年もたくさんのオメガバースBLが生み出されましたが、3作品をチョイスしてお届けします。


■『神様なんか信じない僕らのエデン』(一ノ瀬ゆま)
『gift』などの一ノ瀬ゆま先生原作の上下巻で展開するオメガバースBL。まだオメガバースの概念もない世界を舞台に、最初のα(アルファ)とΩ(オメガ)が描かれます。うぉー! この設定は目からウロコ! 描き尽くされてきたかと思ったオメガバースでしたが、まだそれがありましたか! オメガバース第一号たちです。しかも、まだ高校生。誰も経験したことのない、人間の発情期という体験に飲まれて動揺する2人が痛々しくも萌えちゃいます! α攻めの喬が陰キャっぽくてヘタレなのに、雄みを出すのも大変好みでした!

■『シティ・ライツ・バースデイ』(本郷地下)
『メトロ』などの本郷地下先生原作の泣けるオメガバースBL。オメガバースはα×Ωが基本ですが、蚊帳の外的な存在のβものもいいですよねぇ。主人公は平凡なβの東馬で、風俗で働きながら幼少期に出会った“運命の番”であるαを探しているΩのまほろと出会います。東馬はまほろの捜索を手伝ううちにまほろへの想いを募らせていきますが……。えっちなシーンも少なくないのですが、激しいなかにも体温を感じる優しさがあって切なくも温かい物語です。詳しいレビューはこちら→『シティ・ライツ・バースデイ』レビュー

■『ふれないでリトルスター』(マミタ)
『となりのメタラーさん』などのマミタ先生が手がける義親子オメガバースBL。ヒートのないΩのユキと、幼い頃からユキに片想いしているαのハルが描かれます。ハルが一途でまっすぐでカッコいいです! 育ての親としての立場と恋心に葛藤するユキが切なくて。2人ともがまだ若くて頼りなくて。2人とも守って上げたくなります。オメガバースは苦手という方もぜひ手に取ってみて欲しい、温かい気持ちにしてくれる優しいBLです。詳しいレビューはこちら→『ふれないでリトルスター』レビュー

《オメガバース部門》いかがでしたか? エロだけではなく、オメガバースBLは奥が深いですね。今年もどんどん進化していきそうなオメガバースBLに期待です。

(文/牧島史佳)

こちらもどうぞ!
【ブルヌー】2021ベストBL
《初コミックス部門》
《エロ部門》
《アニメ部門》
《実写部門》
《ラブラブ続編》
《海外部門》
《同級生部門》
《DK部門》
《泣ける部門》
[2022年映像BL期待作]

(情報は記事公開時のものです)

電子書籍といえば国内最大級のhonto電子書籍ストア!

※〈コメント注意事項〉個人を特定する情報、また誹謗中傷や他人に不快感を与える投稿はお控えください。ことわりなく削除する場合があります。

牧島史佳

BLに生かされてます!ハピエン好きだけど、作品が良ければメリバも読む(かもしれない)です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。