【ブルヌー】2021ベストBL〈1〉《泣ける部門》

思わず涙がこぼれちゃう感動BL3選!


今年もあとわずかですね。2021年も本当にたくさんのBL(ボーイズラブ)が生み出されました。感謝しかないです。そのなかから当サイト【ブルヌー】(ブルー ルヌーラ)スタッフとライターが勝手に独断で選んだ2021年ベストBLを発表しちゃいます!


まずは《泣ける部門》3選! 感動して思わず涙がこぼれ落ちちゃったり、胸ふるわされたBLを紹介します。


■『イノセントを穢すキス』( 五月女えむ )


『サハラの黒鷲』シリーズなどの五月女えむ先生による身分差BLです。薬草に詳しい山男・オンブラと、病気の友人のために薬草を求める王子・シリウスが描かれています。オンブラには辛い過去があり、シリウスを親の仇として恨んでいます。シリウスはとてもピュアですが、性根が優しくて強く心がたくましい王子。シリウスがオンブラへの気持を自覚する姿がとても切なく、また、オンブラの立場も理解できるだけに胸が苦しくなります。2人の幸せを願わずにはいられません……! 詳しいレビューはこちら→『イノセントを穢すキス』レビュー

■『羊の皮を着たケモノ』(九號)


『放蕩息子と恋の穴』や『ACID TOWN』などの九號先生によるドラマティックBL。大学生の大地と、姉の恋人の井川が描かれています。まず言っておきたいのは、コレはネタバレなしで読んで欲しいので、気になる方はレビューに目を通さずに読んでください! みなさんが予想するであろう、大地はまんまと井川に惹かれていってしまうわけですが、嗜虐心を愉しむだけの作品じゃなくて読み応えあると思います。詳しいレビューはこちら→『羊の皮を着たケモノ』レビュー

■『あした虹がでなくても』(きはら記子)


『たんたんとタント』などのきはら記子先生が手掛ける、ホロ苦い両片思いBL。きはら記子先生のデビュー作『一途な犬は諦めない』のスピンオフ『対岸の犬を呼んで』から、さらにスピンオフされたのが本作です。ゲイバーで働くドラァグクイーン・ホイップ(本名・千歳)と不眠症のサラリーマン・凌が描かれます。トークアプリを介して顔も知らずに会話していた2人ですが、店を探しだした凌が来店。舞い上がった凌は心無い態度で千歳を傷つけてしまい……。女装の千歳はとても男前な心持ちだけど、恋に臆病で切なくて、凌は天然だけど優しくて。人情味あふれていてイラストも柔らかく、じんわりと心が暖かくなるラブストーリーです。受け攻めも良き! バーのママにも涙しちゃいました!

《泣ける部門》いかがでしたか? みなさんが感動したBLも良かったら教えてくださいね!

(文/牧島史佳)

こちらもどうぞ!
【ブルヌー】2021ベストBL
《DK部門》

(情報は記事公開時のものです)

電子書籍といえば国内最大級のhonto電子書籍ストア!

※〈コメント注意事項〉個人を特定する情報、また誹謗中傷や他人に不快感を与える投稿はお控えください。ことわりなく削除する場合があります。

牧島史佳

BLに生かされてます!ハピエン好きだけど、作品が良ければメリバも読む(かもしれない)です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。