アリス・オズマン『HEARTSTOPPER ハートストッパー1』レビュー!

自分の気持ちが抑えられない2人にどきどきキュンキュン!

《解説》
著:アリス・オズマン先生、訳:牧野琴子先生による、イギリス発の青春BL・LGBTQ+コミックス『HEARTSTOPPER ハートストッパー』。青春ボーイズラブストーリーであると同時にLGBTQ+をテーマに、主人公以外にもゲイやレズビアン、トランスジェンダーのキャラクターが多数登場し、恋愛、友情、それぞれの悩みや葛藤がリアルに綴られます。ゲイをカミングアウトしているチャーリーと、スポーツマンのニックが描かれています。

世界23カ国以上で翻訳されており、英語版売り上げ25万部を突破。また、NETFLIXにて実写化も決定している注目作です。俳優の眞島秀和さんと山中崇さんが主人公二人のアテレコで参加したスペシャルPVも公式サイトで公開されています。

《感想》
わりとページ数が多いめの書籍ですが、日本のコミックのように1ページにギチギチに情報が詰まっているタイプではなく、スルスルと読み進められました。内容的にもひっかかるところはなく入りやすく、登場人物の感情にも入っていけました。

主人公のチャーリーはゲイをカミングアウトしているけれど、外向的ではなくて内向的な男の子という感じです。イギリスの男子校の生徒で、縦割りクラスで1学年上のニックと知り合います。ニックはラグビー部のスポーツマン。属性の違う2人が出会って、お互いに気になっていくという例のパターンです。例のパターンと言っても、王道だからこその例のパターンだから興ざめするなんてことはなく、ときめいてしまいました!

ニックはノンケっぽい男の子で純粋でまっすぐ。チャーリーをラグビー部に誘って丁寧に教えてくれてほめてくれて、とっても優しいです。当て馬というか、彼女がいるのにチャーリーに手をだしてくるベンというクズがいるのですが、ニックはベンからも救ってくれます。おまけに「よかったら話聞くよ」と心配してくれます。こんなの好きにならないわけがないですよね~。

チャーリーとニックはお互いの家を行き来するほどの仲になり、チャーリーはどんどん惹かれていってしまいます。チャーリーが自分の気持ちを自覚していて、でもニックはストレートだからとはなから諦めて自嘲している姿は思わずウルウルしちゃいました。

(次のページへ →2

※〈コメント注意事項〉個人を特定する情報、また誹謗中傷や他人に不快感を与える投稿はお控えください。ことわりなく削除する場合があります。

幸山 桃子

さちやま・ももこ BL大好き!ブロマンス系も好き。BL以外のアニメ、漫画も好きです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。