【新刊】木山はる『それじゃあこれから何をする? 』レビューをお届け!

ポジティブ攻めと内向的受けがバランスいい、サラリーマンBL

《解説》
木山はる先生の初コミックス。妻に不倫された大津と、叶わぬ片思いをしているアキが描かれます。サラリーマン同士のBLです。


《コメント》
みなさんは裏表紙の説明や、ストアのコメントは読みますか?筆者は作家買いして読まない場合もなかにはありますが、たいてい読みます。今回は初めて読むj作家の初コミックスだし、裏表紙の説明を読んだのですが、とても気になったので衝動買いしました。普通のサラリーマンのお話が好きなので。あと、絵もキレイで惹かれました。


妻に不倫されて離婚した大津は、コミュ力高くて世話焼きタイプ。ノンケのはずですが、男同士であることも抵抗なく距離感縮めます。ともすればウザいやつとなりそうですが、こまやかに気を配れるところもあって嫌な感じはしないんですよね。アキのことがかわいいと思ってる大津にキュンとします。
アキは大人しくて内向的な不憫タイプ。叶わぬ片思いに行き詰まってて、ちょっと危なっかしくて、大津が放っておけなくなるのもわかります。ネガティブで無表情で不器用な人、いじらしくて好きなんですよね。


マッチングアプリで知り合った2人が徐々に距離を縮めていくようすが丁寧に描かれてて良かったです。大津は本気の恋愛をしたことがない男で、そんな彼がアキには執着するのが自然な流れで綴られていて、入り込むことができました。あんな子、気になっちゃいますよね。人に心開くのが苦手なアキが一生懸命心を開く姿も、また大津に背中押されて片思いを乗り越えようとする姿も健気でかわいかったです。

(次のページへ →2

牧島史佳

BLに生かされてます!ハピエン好きだけど、作品が良ければメリバも読む(かもしれない)です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。