ノワールBL『恋い焦れ歌え~R.I.P.~』配信決定!フューチャーコミックスの新プロジェクト!

実写映画×コミックの新メディアミックスプロジェクト『恋い焦れ歌え』!


稲葉友さん長編初主演となる映画『恋い焦れ歌え (こいこがれうたえ) 』(2022年春公開予定)の漫画版『恋い焦れ歌え~R.I.P.~』が、2021年10月9日より配信開始決定! 漫画版を手掛けるmiso先生のコメントも到着!


18禁BL映画『性の劇薬』(原作/水田ゆき)でBLファンに衝撃を与えたと同時に、歓喜にうち震わせてくれたフューチャーコミックス。次に手掛けるのはノワールBLメディアミックスプロジェクト、『恋い焦れ歌え』です! 前作『性の劇薬』を超える規模で展開するのだとか! ボーイズラブ好きのみなさん、要チェックですよ!!


『恋い焦れ歌え』は、キヅナツキ先生原作の青春バンドBLの実写ドラマ化『ギヴン』にも出演した稲葉友さん主演で長編映画が製作されることが決定しています。そして、このたび、『春の修羅』や『鵺の啼く夜に』などのBLコミックを発表しているmiso先生によるBLコミック版『恋い焦れ歌え~R.I.P.~』の配信が決定。
コミックシーモアにて1・2巻同時に先行配信スタート。以降、各電子書店で順次配信となり、3巻以降は毎月1巻ずつ更新される全7巻予定です。


BLコミック版は世界観を同じとするコミックで、KAI(映画ではオーディションで“1000人から選ばれたシンデレラボーイ”遠藤健慎さんが担当)などの登場キャラクターも同じ。しかし、BLコミック版ではKAIの視点によって物語が描かれており、異なる視点、異なる展開でより深く物語の世界を楽しめる作りになっています。


BL界で異彩を放つmiso先生が心に深い傷を負った男たちを美しく、そして儚く描かれるのだとか。ゾクゾクしますね! また、作中のラップシーンは『戦極 MC BATTLE』『フリースタイルダンジョン』で知られ、小説、作詞、コラム執筆でも活躍するハハノシキュウ氏が監修を担当。本格的なラップ表現にも注目です。


実写映画×コミックの新メディアミックスプロジェクト『恋い焦れ歌え』。映画版決定にワクワクしてましたが、BLコミック版もあるとは! ますます楽しみになってきました!

(文/牧島史佳)

次のページでmiso先生のコメントを紹介しています!

(次のページへ →2

※〈コメント注意事項〉個人を特定する情報、また誹謗中傷や他人に不快感を与える投稿はお控えください。ことわりなく削除する場合があります。

牧島史佳

BLに生かされてます!ハピエン好きだけど、作品が良ければメリバも読む(かもしれない)です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。